八咫烏シンポジウム

安心・安全な民宿 美滝山荘です

昨日、当民宿の大将が八咫烏シンポジウムに参加してきました

日本サッカーの始祖である中村覚之助さんは那智勝浦町で生まれ日本にサッカーを普及するのに

貢献されました

全国各地の学校に赴任し、競技を始動し日本サッカーの礎を築きました。

このように普及発展に尽力し多大な影響を残しましたが28歳の若さ人生に幕を閉じました

日本サッカー協会の旗章である熊野三山の神鳥「ヤタガラス」のエンブレムは、 熊野出身である中村覚之助さんの存

在が大きく影響を与えたと云われており、 覚之助の死を惜しんで

提案されたそうです。

平成14年には和歌山県文化協会による題53回先覚文化功労者顕彰を受け、中村覚之助は日本サッカーの生みの親と

言われてます。

次の記事

新しい外観写真